出発地
Loading...
出発地・目的地入れ替え
目的地
 
出発日
LCC搭乗レポート

タイガーエア クアラルンプール-シンガポール線 TR2463/TR2464便(往復) 搭乗レポート

2014/07/18
タイガーエア クアラルンプール-シンガポール線に日帰りで往復搭乗しましたのでレポートします。

■今回のレポートで利用した便(往路)
搭乗便:タイガーエア TR2463
搭乗日:2014年7月5日(土)
出発:クアラルンプール 9:20
  (実際 9:14早発)
到着:シンガポール 10:40
  (実際 10:16早着)
搭乗時間:1時間2分
費用:5,590円 (往復/175MYR)

 この搭乗レポートは、エアアジアX 東京(羽田)-クアラルンプール線 D7 523便 搭乗レポートでクアラルンプールに到着した後、シンガポールに寄り道をしたレポートです。


 未明にクアラルンプールまでやってきました。せっかく東南アジアまで来たので、シンガポールに日帰り観光をしてみようと思います。

クアラルンプール出発便 クアラルンプール国際空港のターミナル”KLIA2”は、9割以上の発着便がエアアジア系列で占められています。

 エアアジア系以外はというと、ライオンエア(拠点:ジャカルタ)、マリンドエア(拠点:クアラルンプール)、タイガーエア(拠点:シンガポール)、タイガーエア・マンダラ(拠点:ジャカルタ)、セブパシフィック航空(拠点:マニラ)といったラインナップで、KLIA2はLCCターミナルだけあって、全て格安航空会社です。

KLIA2 タイガーエアチェックインカウンター シンガポール行きにはタイガーエアを選択しました。便数はタイガーエアは1日2~4便、エアアジアが1日7~12便、とエアアジアの方が選択肢は多かったのですが、運賃はタイガーエアの方が若干安かったのが決め手になりました。

 チェックイン手続きは出発2時間前から始まるようです。

KLIA2 タイガーエアカウンター7:20 行列が出来るでもなく、スムーズにチェックイン手続きをすませます。

タイガーエア発券 搭乗券が発券出来ました。レシートタイプのシンプルな搭乗券です。

KLIA2 出国ゲート 出国ゲートはそれなりに混雑しています。セキュリティチェックや出国手続きには、成田空港のそれの2~3倍の時間をかけている印象で、待ち人数の割に先に進めません。
 
 金属探知機を通る前にベルトを取れと言われたのは久しぶりな気がします。

KLIA2 搭乗ゲートへ向かう 20分くらいかかってようやく通過しました。搭乗ゲートL1に向かいます。

KLIA2 L1ゲート前 搭乗ゲートL1前です。

 椅子はないのか、おい。

KLIA2 L1ゲート L1はこちらでした。

 そこはかとなく繁華街の裏路地のような雰囲気がするのは気のせいでしょうか。

KLIA2 L1ゲート待合室 扉を開けて入った先には待合室があり、椅子がありました。

KLIA2 L1ゲート こちらが搭乗ゲート。シンプルすぎて感想が浮かびません。

タイガーエア 搭乗開始8:50 搭乗開始です。機体はエアバスA320-232で、日本のLCCでもよく乗るA320のシリーズです。

タイガーエア 座席 座席は革張り、シートピッチは大人(大)が座って拳一つ入るかどうか。ピーチやバニラと同等クオリティです。

 朝早い便ということもあってか、搭乗率は5割程度で空席が目立ちます。

タイガーエア 機内誌 タイガーエアの機内誌です。

9:14 ドアクローズ
9:27 離陸しました。

タイガーエア 機内からの眺め この路線は、飛行時間が40分ほどしかないため、機内サービスのカートは回って来ず、客室乗務員がオーダーを取って回るスタイルでした。

 今回何も注文せずじまいでしたが、頼めるのはせいぜいドリンク程度です。カップラーメンを頼んでいた人が、3分たたないうちに最終着陸態勢の予告が出て、結局食べ切れず、しかもこぼして服を汚すという可哀想な感じでした。

シンガポールに到着10:10 シンガポール・チャンギ国際空港に到着。

 搭乗時間は1時間足らず。クアラルンプールとシンガポールはものすごく近いです。成田-中部くらいでしょうか。

シンガポール 降車 ゴーゴーバーみたいなボーディングブリッジを通って・・・

 セキュリティ、入国審査を約30分かけてようやく通過。

シンガポール 到着 到着ゲートを通過して、シンガポールに到着!

 カメラ構えてたらなぜかおっさんにポーズをつけられる歓迎付き。

シンガポール MRT シンガポールの滞在時間は6時間ほどの予定です。

 MRTに乗り換えて、シンガポールと言えばアレ。アレを目指して全力で行ってきます。

シンガポール マーライオン1 アレその1。マーライオン公園のマーライオンです。

 がっかりするほど期待値があった訳じゃないですが、がっかりしなかったことにがっかり!

シンガポール マーライオン2 アレその2。マーライオン公園のマーライオンの裏にある小さなマーライオン。

 なぜ本家がそこにあるのにわざわざ小さいのを近くに置くのかコンセプトがまるで理解できない奴です。

シンガポール マーライオン3 アレその3。セントーサ島のマーライオンです。

 あんまりにも無感動だったので、じゃあもっと大きいのを見れば感動がこみ上げてくるかと思い、セントーサ島に行きました。

 全高37mの巨大マーライオンで、大仏みたいに中に入ることも出来るようです。

マーライオン あおり あおりのアングルでもう1枚。

 シンガポールには5つのマーライオンがあるようですが、あと2つ巡るモチベーションがわいてきません!もう帰ります!

シンガポール空港再び 人生最初で最後と思われるマーライオン見学を終え、シンガポール・チャンギ国際空港に戻ってきました。これよりクアラルンプールに戻ります。

■今回のレポートで利用した便(復路)
搭乗便:タイガーエア TR2464
搭乗日:2014年7月5日(土)
出発:シンガポール 16:35
  (実際 16:29早発)
到着:クアラルンプール 17:40
  (実際 17:35早着)
搭乗時間:1時間6分

タイガーエア 搭乗券 事前に印刷してきたタイガーエアの書類には、ドキュメントチェックが必要と書かれているので、カウンターを探します。

シンガポール空港 タイガーエアカウンター わりとはじっこにカウンターを発見。

タイガーエア 搭乗券 パスポートと先ほどの印刷物を見せて、正式な搭乗券を発券してもらいました。

シンガポールチキンライス 出国審査を通過後、予め腹ごしらえすることにしました。

シンガポールチキンライス(6.50SGD/約530円)をいただきます。お値段なりのお味でした。

シンガポール空港 F54ゲート 搭乗ゲートF54に到着しました。

タイガーエア A320 搭乗機はすでに到着済み。

 トラ縞の尾翼には可愛らしさを感じますが、虎のイラストには猛虎魂を感じます。

タイガーエア 機内16:10 後列から搭乗開始
16:15 全乗客の搭乗開始
16:29 ドアクローズ
16:40 離陸しました

帰路の便は搭乗率8割前後でしたが、ラッキーにも自分の列は全て空席。広々と使うことが出来ました。

タイガーエア 機内からの眺め 離陸して20分もすると、機体が徐々に降下していきます。

 目的地のKLIA2を脇目に、一旦通過して最終着陸態勢に入りました。

KLIA2に到着17:27 着陸
17:35 降車開始。KLIA2に戻ってきました。


 タイガーエア クアラルンプール-シンガポール線 TR2463/TR2464便の搭乗レポートは以上です。

 次回のレポートでは、クアラルンプールから羽田に帰国します。

 
【タイガーエア クアラルンプール-シンガポール線まとめ】
・運賃も安く、品質はピーチやバニラエアとほぼ同クラスで好印象でした。
・タイガーエアのWebサイトで頻繁にタイムセールを行っているので、東南アジア方面にニーズがある人は要注目。
・飛行時間の短い路線では機内食はあきらめよう。
LCCニュース
2017/01/20 スカイマーク、「ActiveSKY☆SEASON3 セール」を26日午前7時から開催!神戸-長崎線など片道3,500円から!
スカイマークは、「Active SKY☆SEASON3・SKYセール」を5日午前7時から開催します。 【公式URL】スカイマーク  今回のセールは、「Active SKY☆SEASON3」と称しての開催で、国内線7路線を対象に開催されます。  対象路線および価格は、神戸-長崎線が片道3,500円、福岡-那覇線が片道4,00...
2017/01/19 バニラエア、「わくわくバニラセール」を20日19時から開催!国内線3路線が道1,980円から!
バニラエアは、「わくわくバニラセール」を20日19時から開催すると発表しました。 【公式URL】バニラエア わくわくバニラセール  今回開催される「わくわくバニラセール」は、東京(成田)発着の国内線3路線が対象です。  最安値は、東京(成田)-大阪(関西)線で片道1,980円から、そのほか...
2017/01/19 関西空港、LCC専用の第2ターミナル(国際線)の内覧会、1月28日始発から供用開始
関西国際空港を運営する関西エアポート株式会社は18日、LCC専用の新しいターミナル「第2ターミナル(国際線)」が完成し、関係者向けに公開しました。  新ターミナルの運用開始は1月28日(土)の始発便からで、初日からはピーチ・アビエーション(MM)の国際線の全便が、3月からは春秋航空(9C)が発着...
2017/01/18 ジェットスター、「夏先取りの国内全路線セール」を19日13時から開催!国内線全路線が片道1,990円から!
ジェットスター・ジャパンは、「夏先取りの国内全路線セール」を19日13時から開催すると発表しました。 【公式URL】ジェットスター 夏先取りの国内全路線セール  今回開催される「夏先取りの国内全路線セール」では、ジェットスター・ジャパンの国内線全16路線が対象で片道1,990円からの価格...
2017/01/17 ピーチ、「春先どりセール」を18日深夜0時から開催!国内線・国際線が片道1,999円から!
ピーチ・アビエーションは、「春先どりセール」を2日深夜0時から開催すると発表しました。 【公式URL】ピーチ 春先どりセール  今回開催される「春先どりセール」は、2月19日就航の沖縄(那覇)-バンコク(スワンナプーム)線を含む、国際線9路線、国内線13路線が対象で、片道1,999円からの販売...