出発地
Loading...
 
Reverse
目的地
出発日
最近の検索
LCCニュース・セール

LCCニュース
ジェトスター・ジャパン、2期連続の増収増益を達成!中部拠点化、国内線拡充で成田-宮崎線就航へ

2017年9月14日
ジェットスター・ジャパンは14日、2017年6月期決算で、4億9800万円の純利益を計上し、2期連続の増収増益と通期黒字を達成したことを発表しました。

 ジェットスター・ジャパンの発表によると、2017年6月期の営業収入は搭乗率が改善したことをうけ前年比1%増の528億円、営業利益は逆に燃油費の上昇が逆風となり前年比16%減となったが、経常利益は前年比816%増の14億円、当期純利益も前年比690%増の4億9,800万円となった。

 また、2017年6月期は路線構成の見直しとして国際線の新路線展開を行ったことにより、提供座席数は減少したものの期中に21号機が導入されたことから、旅客数は前年と同じ520万人、搭乗率は2ポイント改善して85%となった。

 ジェットスター・ジャパン代表取締役社長の片岡優氏は、2期連続の増収増益の成果について、21号機の導入を行い日本最大の運航機数による路線網を構築していること、成田/関西-新千歳線の増便(夏スケジュール)、上海線の開設(6月)、auかんたん決済の導入、法人向けサービスのフレックスBizの開始、定時運航率向上への社内改善の継続など、2017年6月期に行った数々の取り組みによるものであることを説明し、今後も「日本のLCC No.1にまい進する」と決意を強調しました。

Jetstar 今期の事業計画Jetstar 今期の事業計画 今期(2018年6月期)の事業計画について、2018年春に中部国際空港の第3拠点化、エアバスA320ceo2機(22号機、23号機)の導入による増機、決済手段の拡充、国内線ネットワークの拡充などに取り組むことを発表しました。

Jetstar 宮崎線開設発表Jetstar 宮崎線開設発表 国内線の拡充については、東京(成田)-宮崎線の開設を予定しており、便数、運航スケジュールなど詳細は、9月20日に宮崎県庁で記者発表を行う予定。その他、長崎線についても検討段階であることを明かし、来年3月以降の夏スケジュールを目途に開設を行いたい考えとのことです。

ジェットスター・ジャパン 決算内容


2017年6月期 (前年比)
営業収入 528億1,200万円 (+1%)
営業利益 10億9,900万円 (-16%)
経常利益 14億100万円 (+816%)
当期純利益 4億9,800万円 (+690%)

2016年6月期
営業収入 522億3,800万円
営業利益 13億500万円
経常利益 1億5,300万円
当期純利益 6,300万円