出発地
Loading...
 
Reverse
目的地
出発日
最近の検索
LCCニュース・セール

LCCニュース
スカイマーク、新路線 羽田-下地島線 就航へ。2020年冬ダイヤからトライアル運航開始

2020年5月14日
国土交通省は14日、「羽田発着枠政策コンテスト」の制作コンテスト枠(5便分)の配分方針を決定しました。

【公式URL】スカイマーク

 政策コンテストには5便分の枠を巡って国内7空港から応募があり、上位4枠分については、鳥取・石見・大館能代(共同提案者:全日空)、山形(同:日本航空)で決定。5枠目を巡っては、三沢(同:日本航空)と下地島(同:スカイマーク)が総得点において僅差だったところから、1年間のトライアル運航を行ない、その実績について有識者が再評価を行ない、最終的な配分先を決定することになりました。

 トライアル運航期間は、2021年夏ダイヤから冬ダイヤ(2021年3月末~2022年3月末)までを評価対象期間とし、その前後期間の2020年冬ダイヤ(2020年10月25日~2021年3月末)、2022年夏ダイヤ(2022年3月末~10月末)も準備のための暫定運航が認められている。このため、スカイマークの羽田-下地島線は2020年10月25日から2022年3月末までの約2年間は運航が認められています。

 下地島空港を発着する国内線は、ジェットスター・ジャパンの成田/関西-下地島線の2路線のみで、スカイマークの就航が実現すれば3路線目になります。

国土交通省 羽田空港発着枠政策コンテスト


【提案評価結果(カッコ内は共同提案者)】
1位:鳥取空港(全日空) 総得点 1225
2位:石見空港(全日空) 総得点 1192
3位:山形空港(日本航空) 総得点 1163
4位:大館能代空港(全日空) 総得点 1033
5位:三沢空港(日本航空) 総得点 997
6位:下地島空港(スカイマーク) 総得点 994
7位:佐賀空港(全日空) 総得点 918