出発地
Loading...
 
Reverse
目的地
出発日
最近の検索
LCCニュース・セール

LCCニュース
ジェットスター・ジャパン、中距離国際線参入へ エアバスA321LR型機の導入決定!2020年に3機導入

2018年11月27日
ジェットスター・ジャパンは27日、中距離路線にも対応できるエアバスA321LR 3機を2020年から順次導入することを発表しました。

【公式URL】ジェットスター・ジャパン

 ジェットスター・ジャパンが導入を決定したエアバスA321LRは、現行のエアバスA321neoに比べ、座席数や航続距離が増加しているのが特徴。座席数は最大244席、航続距離は最大7,400kmに増加、新型エンジンの搭載で燃費が20%向上し、座席上の収納量も最大60%増加する。飛行時間は最大9時間まで延ばすことができ、日本から東南アジア、インド、オセアニア方面までをカバーできる。

 同社は、2019年春までに25機目のエアバスA320型機を受領して25機体制に、2020年にはエアバスA321LR 3機が加わり、28機体制になる見込み。新たに導入するエアバスA321LRは、好需要が続く既存の国内線や国際線に投入する計画で、中距離国際線の参入を本格検討しています。

 ジェットスター・ジャパンの片岡優代表取締役社長は、「このたび、エアバス A321LR を導入機材として選定しましたが、この機種こそがジェットスター・ジャパンの成長に相応しいと判断しました。A321 の導入は、当社の成長の証であり、より多くのお客様に低運賃で空の旅を提供することへのコミットメントを示すものです。3 機の A321LR の導入により、好調な既存路線において提供座席数を増やすことができる上に、特に東南アジアへのリゾート路線など、新たな市場を開拓できる可能性が広がります。国内の旅行者や訪日観光客がともに急増するなか、地方自治体や空港との関係を構築・強化し、地域経済のますますの発展に貢献する一翼を担う存在でありたいと考えます」と述べています。

【参考:エアバス A321LR 型機 仕様概要】
A320neo ファミリーのなかで最大の単通路型機
・座席数: 206 席~244 席
・航続距離: 約 7,400km (4,000 海里) 最大 9 時間の飛行が可能(オプションタンク装備)
・燃費効率: 現行の A321 に比べて現在 15%削減、2020 年までに約 20%削減
・静粛性: 新型エンジン搭載で CAEP/6 基準を 50%下回る
・手荷物収納スペース: 現行の A321 型機に比べて最大で 60%向上