出発地
Loading...
出発地・目的地入れ替え
目的地
 
出発日
LCC搭乗レポート

香港エクスプレス航空 東京(羽田)-香港線 UO625便 搭乗レポート

2014/04/04
香港エクスプレス航空 東京(羽田)-香港線 UO625便に搭乗しましたのでレポートします。

■今回のレポートで利用した便
搭乗便:香港エクスプレス航空 UO625
搭乗日:2014年4月1日(火)
出発:東京(羽田) 6:20
  (実際 6:05出発 15分早発)
到着:香港 9:50
  (実際 9:56到着 6分延着)
搭乗時間:4時間51分
費用:16,770円(往復)
[内訳] 航空券14,100円、空港施設利用料2,570円、旅客保安サービス料100円


【羽田空港の国際線が便利になった】

羽田空港国際線 3月30日から、羽田の国際線発着枠が従来の1.5倍(年間9万回)に増加しました。

 また、拡張エリアも使用開始となり、24時間営業のフードコートが出来るなど、大幅に利便性が向上しています。

【羽田発着のLCCは2社】

香港エクスプレス航空Webサイト 羽田発着のLCCは現在2社で、海南航空グループの香港エクスプレス航空(HKE)と、マレーシアのエアアジアX(XAX)です。香港エクスプレス航空は羽田-香港線を、エアアジアXは羽田-クアラルンプール線を、それぞれ1日1往復運航させています。

 今までの香港エクスプレス航空はというと、羽田出発01:30・羽田到着00:30というスケジュールで、出発は深夜の電車でアクセス、到着は空港で夜明かしかタクシー利用が必須になっていました。

 3月30日、その運航スケジュールが変更され、羽田出発6:20・羽田到着5:05となり、行きに空港で夜明かしが必要、帰りは始発電車で帰宅できる、というスケジュールになりました。多分、帰国時に楽な方が体力的な負担が軽いと思われます。
 
 
 本当にそれで楽になるのでしょうか。実証するための、香港エクスプレス航空UO625便の搭乗レポートです。
 
 
【香港エクスプレス航空 UO625 搭乗レポート】

▼深夜の京急でアクセス便利

京急蒲田駅 終電まで残すところあと数本という深夜23時台に、京急に乗って羽田空港国際線ターミナル駅に到着します。

羽田空港国際線ターミナル駅 駅の改札口を出ると、目の前のエレベーターかエスカレーターで出発ロビーに直行という、大変気持ちいい構造です。

羽田空港国際線ターミナル 0時頃0:05 出発ロビーに到着すると、難民キャンプよろしくベンチで寝る体制の人がたくさんいました。

3階の出発ロビーだけでなく、1階のAir LAWSON前から5階の展望デッキ前まで、ベンチがあるところ全て誰か寝ている状態です。

羽田空港国際線ターミナル 電源スポット しかし、最も混雑しているのは電源スポットです。

 しばらくは混雑していますが、夜が更けてくると空席が出来てきます。

羽田国際線T 24時間営業の案内空港内には24時間営業の店舗もあります。

羽田空港国際線・24時間営業の店舗
1階:Air LAWSON (コンビニ)
2階:CAFE&DINING PISTA (カフェ・軽食)
2階:箱根宮ノ下 FUJIYA HOTEL On the TOAST (レストラン)
4階:日本の味Sugimoto (居酒屋)
4階:CAFE CARDINAL (カフェ)

羽田国際線ターミナル CAFE&DINING PISTA
 2階のCAFE&DINING PISTAは電源席があります。

羽田国際線T 展望デッキ 5階の展望デッキも利用可能でした。航空機の動きも止まりますが、夜景が綺麗ですので記念撮影をしている人もちらほら。

 香港エクスプレス航空のチェックイン時間は、出発の3時間前から1時間前までです。出発時刻が6:20、すなわち、3:20まではすることなし! なので、ベンチで仮眠を取ります。

 警備員も要所に配置されていて、巡回もしてくれていますが、自分の荷物はしっかり自分で守りましょう。

羽田国際線T Cカウンター オープン3:20 Cカウンターでチェックインが開始されました。

窓側席の希望などもここで伝えてチェックイン完了!

香港エクスプレス航空 航空券 搭乗ゲートは105番ゲート、搭乗開始予定は5:55です。搭乗券はANA仕様です。

香港エクスプレス航空Webサイト
 香港エクスプレス航空の航空券予約を同社のWebサイトで行いましたが、購入が完了するとメールが1通送られるだけのシンプルな作りです。ログインしてステータスをチェックするマイページがあったり、事前の座席指定なども出来ません。(※)

 ※4/7現在、Webサイトで登録メールアドレスと予約番号による予約確認ができるようになりました。

 届いたメールに予約番号が記載されているので印刷していきましたが、実際はカウンターでパスポートを提示するだけでチェックインが完了しました。

 「予約番号(の印刷物)は不要なのですか?」と尋ねると、「パスポートだけで照合できなかった場合に確認するので、一応必要です」とのことでした。

羽田空港国際線ターミナル 出国手続き3:30 無事にチェックインも済んだので、出国手続きへ・・・、と思ったら、保安検査場の入口が閉まっており、30分ほどベンチで時間をつぶします。寝るに寝られない微妙な時間です。

4:00 保安検査場が開き、セキュリティチェック、出国審査を通過します。


 3月30日に使用開始になった拡張エリアは、搭乗する105番ゲートとは反対方向ですが、ちょっと冷やかしで拡張エリアに行ってみます。


羽田空港国際線 24時間営業フードコートさて、出国エリアに入ってからも、24時間営業している店舗があります。

羽田空港国際線(出国エリア) 24時間営業の店舗
TOKYO SKY KITCHEN (フードコート)
BEER CLUB Varre Tokyo (ビアバー)
Japanise Bistro うららか (うどん)

羽田空港国際線 24時間営業フードコート拡張エリア方面にある24時間営業のフードコート「TOKYO SKY KITCHEN」です。

[テナント] 魚がし日本一(寿司)、六厘舎(ラーメン)、夢吟坊(うどん)、dampierre Jet(カレー)、叙々苑(焼肉)、BAR RAGE(バー)、JINROKU(お好み焼)、Chowders(スープ&デリ)

羽田空港国際線 拡張エリア 拡張エリア・141番~148番ゲートの回廊です。開放感があってピッカピカです。画像見るとCGみたいですが実際の写真です。

 今回ここから乗れないのが残念です。ターンして105番ゲートに向かいます。

羽田空港国際線ターミナル 105番ゲート 105番ゲートに到着しました。いつものことながら、LCCは最もはじっこのゲートです。

 出国手続き(中央)から105番ゲートまで所要時間約5分(405m)でした。

香港エクスプレス航空 機材到着4:40 搭乗する機材が香港から到着しました。(UO624便)

機体デザインは香港エクスプレス航空のものではなく、同じ海南航空グループの香港航空の機体を使用するようです。

香港エクスプレス航空 搭乗開始5:35 予定より20分早く、搭乗開始が案内されます。

香港エクスプレス航空 シートピッチ5:40 着席しました。座席の間隔はピーチやバニラエアと同じくらいです。4時間30分のフライトでこの座席間隔はちょっとしんどそうです。

周囲を見渡してみると、搭乗率は5割くらいで、ほとんど中国系の方ばかりです。CAは男女2名ずつ乗務しています。

香港エクスプレス航空 客室乗務員6:05 全乗客が搭乗完了したようで、予定より15分早くドアが閉まり、出発します。(15分早発)

富士山上空 早朝6:32 シートベルト着用サインが消灯しました。

富士山上空にさしかかった頃、機内サービスが始まります。

▼香港エクスプレス航空の機内食

香港エクスプレス航空 機内誌など 機内での決済はHKD(香港ドル)か、合計100HKDの注文の場合は日本円も可とのことで、手持ちのドルがないので後者を選択します。

香港エクスプレス航空 点心セット まずは、「點心拼盤配烏龍茶(点心・烏龍茶付き)」(60HKD=約810円)です。

 うーん・・・。

 しおれたレタスをめくると、たしかに構成内容は合ってましたが、”パッケージ写真と中身が違う”という意味の俗語が思い浮かびます。全般的にぶにゅっとした感じで、味はまぁ、うん、烏龍茶は普通に飲めます。

香港エクスプレス航空 サンドイッチ 続いて、「芝士火鶏巻熱三文治(サンドイッチ)」(45KHD=約610円)です。

 ターキーのパストラミハムと濃厚系チーズをソフトフランスパンでサンドしたホットサンドです。味は想像通りです。

 メニューの写真に対して、出てきた品物はなぜか1/2サイズです。誰か食べた?

 あまり上手な例えが考えつきませんが、料理下手な独身男性でも3分クッキングで1分余るような料理です。これにメイドさんが「萌え萌えキュン(はあと)」とか言ったら1,200円でも妥当なのでしょうが、そうではありません。

香港エクスプレス航空 機内食メニュー いつもは喜んで機内食を食べる人間ですが、注文した2品ともわざわざ上空で食べるほどのものではないと感じました。コスパ悪すぎです。

 比較してしまうのもアレですが、ピーチやバニラエアはメニュー写真から味付けから盛りつけから、機内食にはかなりの力を入れていることがわかります。機内で食べる楽しみって大事だと思うんですよ。


 寝不足で食欲もない中で食べまくりましたが、免税品販売が始まる頃には眠気がピークを迎えて寝てしまいました。

 それから約2時間50分後の9:15(現地時間) 、機内サービス終了と到着予告がアナウンスされます。

香港エクスプレス航空 香港到着9:52 香港国際空港に着陸しました。

9:56 ブリッジに到着。(6分延着) サテライトに到着したので、空港内シャトルバスで第1ターミナルに移動します。

10:05 到着ゲートを通過しました。


 香港エクスプレス航空 UO625便の搭乗レポートは以上です。

 ※この帰路にあたる、香港エクスプレス航空 UO624便のレポートは後日掲載します。


【香港エクスプレス UO625便まとめ】

・羽田国際線ターミナルは、ベンチ、店舗、電源&WiFiなどの設備が整っているので、夜明かし滞在はさほど苦ではなかった。
・機内食はおすすめできない。空港内で済ませておきましょう。
・香港エクスプレス航空のメールマガジンに登録しておくと、セール情報が通知されるのでかしこく利用したい。
 
 
LCCニュース
2017/01/19 関西空港、LCC専用の第2ターミナル(国際線)の内覧会、1月28日始発から供用開始
関西国際空港を運営する関西エアポート株式会社は18日、LCC専用の新しいターミナル「第2ターミナル(国際線)」が完成し、関係者向けに公開しました。  新ターミナルの運用開始は1月28日(土)の始発便からで、初日からはピーチ・アビエーション(MM)の国際線の全便が、3月からは春秋航空(9C)が発着...
2017/01/18 ジェットスター、「夏先取りの国内全路線セール」を19日13時から開催!国内線全路線が片道1,990円から!
ジェットスター・ジャパンは、「夏先取りの国内全路線セール」を19日13時から開催すると発表しました。 【公式URL】ジェットスター 夏先取りの国内全路線セール  今回開催される「夏先取りの国内全路線セール」では、ジェットスター・ジャパンの国内線全16路線が対象で片道1,990円からの価格...
2017/01/17 ピーチ、「春先どりセール」を18日深夜0時から開催!国内線・国際線が片道1,999円から!
ピーチ・アビエーションは、「春先どりセール」を2日深夜0時から開催すると発表しました。 【公式URL】ピーチ 春先どりセール  今回開催される「春先どりセール」は、2月19日就航の沖縄(那覇)-バンコク(スワンナプーム)線を含む、国際線9路線、国内線13路線が対象で、片道1,999円からの販売...
2017/01/16 香港エクスプレス、「MEGA SALE」を17日深夜1時から開催!日本発着の香港線が片道880円から!
香港エクスプレス航空は17日深夜1時から、日本発着の国際線を対象とした「MEGA SALE」を開催すると発表しました。 【公式URL】香港エクスプレス MEGA SALE(セール)  今回の「MEGA SALE」は、日本発着(羽田・成田・中部・関空・広島・高松・福岡・鹿児島・石垣)の香港線が対象で、片道880円...
2017/01/16 ジェットスター・ジャパン、機内食「Jetstar Café」をリニューアル!有名店コラボのタコスベーグルやココナッツカレーを提供
ジェットスター・ジャパンは、機内食「Jetstar Café (ジェットスターカフェ)」を1月16日からリニューアルしたと発表しました。  今回リニューアルされた「Jetstar Café」2017年冬メニューでは、夏メニューで好評だった東京・自由が丘の有名ブランド「ジュノエスクベーグル」のオリジナルベーグ...