出発地
Loading...
出発地・目的地入れ替え
目的地
 
出発日
LCC搭乗レポート

ジェットスター 大阪(関西)-東京(成田)線 GK210便 搭乗レポート

2014/03/31
ジェットスター 大阪(関西)-東京(成田)線 GK210便に搭乗しましたのでレポートします。

■今回のレポートで利用した便
搭乗便:ジェットスター GK210
搭乗日:2014年3月6日(火)
出発:大阪(関空) 20:40
  (実際 21:55 1時間15分遅発)
到着:東京(成田) 22:00
  (実際 23:04 1時間4分延着)
搭乗時間:1時間9分
費用:5,560円
[内訳] 航空券4,690円、支払手数料420円、座席指定料金450円

 ※このレポートはピーチ 国際線・高雄-大阪(関西)線 MM036便 搭乗レポートの続き(乗り継ぎ)にあたるレポートです。


 ピーチのMM36便(高雄-関空)を利用して関空に到着し、さらに乗り継いで成田に戻ります。

 本当は、ピーチの国際線からピーチの国内線に乗り継ぎたかったところなのですが、成田行きで接続可能な便がなかったため、ジェットスターGK210便を選択しました。

関空 空港内シャトルバス ピーチで到着したのは第2ターミナル、ジェットスターのカウンターは第1ターミナルなので、空港内シャトルバスで移動します。

関空 ジェットスター国内線カウンター18:50 ジェットスターの国内線カウンターに到着しました。

 自動チェックイン機で印刷したバーコードをスキャンしようとすると、スタッフが近づいてきて「スキャンの認識が悪いのでコードを手入力してください」とのこと。機械の精度が全般的に悪いのだそうです。

ジェットスター チェックイン機 それでも何度かスキャンしてみましたが本当に認識しないので、言うとおり6桁の予約番号を入力します。

 私が端末を操作している間、スタッフがそばにいて離れないなーなんでかなーこわいなーと思っていたら、搭乗券を手にしたその時、おもむろに恐い話を始めたんですよ。

「天候の影響でGK210便は大幅な遅延が発生しております。使用機材が新千歳空港をまだ出発できておりません」

「(ぎゃー!)」

 この日、ニュースで北海道が大雪だと報じていましたが、関西にいて影響受けるとは思いも寄りませんでした。

 ジェットスターのスタッフに詳細を尋ねると、この時点で判明していることは以下の点。

1.使用機材はまだ新千歳を離陸できていないので、GK210便が運航できるのかどうかもわからない。
2.(搭乗開始予定時刻の)20:10に館内放送で何らかの案内をする。
3.返金対応はコールセンターで受付けする。

 現在19:00、アナウンスがあるまで1時間以上もヒマなので、夕食をとったり、お土産を物色したりして時間をつぶします。

関空 出発便掲示板20:10 搭乗ゲートに進むと、出発時刻が21:45に変更されています。(1時間5分遅発の見込み)

関空 26番ゲート 搭乗開始時刻21:25とアナウンスされました。

ジェットスター 使用機材到着 しかし、使用機材が到着したのが21:25。とにかく予定通りに事が進まず、少しずつずるずると遅れていきます。


ジェットスター 搭乗中 結局、搭乗開始は21:40になり、21:55にドアがしまり出発します。(1時間15分遅発)

22:07 離陸しました。上空での機長アナウンスでは飛行時間56分とのこと。成田の門限は?と不安がよぎりましたが・・・

22:54 なんと!47分で成田空港に着陸します。通常1時間強の予定が、急いで56分に、それからさらに9分短縮!!

成田空港 国内線到着ゲート23:03 駐機場で停止。
23:07 連絡バスに移乗。
23:12 到着ゲートを通過しました。

 すごいというか、恐いというのが正直な感想です。

 出発前の機内アナウンスや緊急時案内は早口で行い、機内サービスも「ダッシュで1往復したからもう終わります」的なスピード終了でした。なにより、エンジン唸らせながら飛行するA320に乗ったのはこれが初めてです。

 欠航するよりも、遅延ででも飛んで欲しい、というのが乗客側の望みですが、スタッフ全員の焦りが随所に現れていて心底恐いフライトでした。

まぁ、成田に到着出来たからって、こんな時間(23時過ぎ)じゃ家まで帰れなかったんですけどね。

成田23時 東京シャトル最終便の列 東京シャトル最終便(23:20発)に乗ることも出来ましたが、東京シャトル(55席)のプラチナチケットをゲット出来ても、東京駅で立ち往生が確定してしまいます。

 あきらめて、空港近くのホテルで1泊してから翌朝帰りました。


 普段はこんなじゃないと思いたい、ジェットスターの関空-成田線GK210便のレポートは以上です。

 
LCCニュース
2017/02/20 香港エクスプレス、2人単位のグループ予約で特別価格!21日深夜1時からセール開催!香港9路線対象
香港エクスプレス航空は21日深夜1時から、日本発着の国際線を対象としたセールを開催すると発表しました。 【公式URL】香港エクスプレス 2人分を予約するとおトクです!(セール)  この「2人分を予約するとおトクです!」セールでは、日本発着(羽田・成田・中部・関空・広島・高松・福岡・鹿...
2017/02/20 ピーチ、新路線 沖縄(那覇)-バンコク(スワンナプーム)線が就航!国内LCC初のバンコク路線開設
ピーチ・アビエーションは19日、新路線 沖縄(那覇)-バンコク(スワンナプーム)線の運航を開始しました。国内系LCCで初めて、タイ・バンコクへの路線です。 【公式URL】ピーチ 沖縄(那覇)-バンコク(スワンナプーム)線  ピーチが開設した沖縄(那覇)-バンコク(スワンナプーム)線は、日本のLCC...
2017/02/19 バニラエア、新路線・東京(成田)-函館線が2月19日就航!LCC初、函館へ路線開設
バニラエアは19日、新路線 東京(成田)-函館線の運航を開始しました。函館空港にLCCが就航するのは初めて。  バニラエアが就航させた東京(成田)-函館線は、バニラエアの国内線5路線目となる路線で、北海道路線は札幌(新千歳)に続いて2拠点目の就航になる。新千歳以外の北海道路線展開は、バニ...
2017/02/18 バニラエア、新路線・東京(成田)-大阪(関西)線が就航!同一路線に国内LCC4社すべて出揃う
バニラエアは18日、新路線・東京(成田)-大阪(関西)線を就航させました。1日2往復の運航で国内線の利便性を強化する。  バニラエアの国内線就航は、2014年7月の東京(成田)-奄美大島線以来、じつに2年7か月ぶりの国内路線拡充で、東京(成田)-札幌(新千歳)・沖縄(那覇)・奄美・大阪(関西)に続い...
2017/02/17 エアアジア、「全便全席20%オフ モバイルアプリ限定セール」開催中!19日までの3日間限定
エアアジアは17日から、「3日間 モバイルアプリ限定 全便全席20%オフ」セールを開催しています。 【公式URL】エアアジア モバイルアプリ限定 全便全席20%OFF(セール)  開催中のセール「エアアジア モバイルアプリ限定 全便全席20%OFF」では、エアアジアのモバイルアプリを使用した航空券購...